fc2ブログ

新しい年を迎えまして

先ず、能登半島地震で被災された皆様に、お見舞い申し上げます。

一日も早い復興をお祈りいたします。

お正月にお友達とサイクリングをした帰りに、コンビニでぐらっときました。

サイクリングで寄った神社でお参り、帰りに木の実が肩にこつんと落ちてきて、

気を引き締めよと言われた気がしました、その90分後に揺れました。

愛知県は何とも無いのですが、能登半島があんなことになってしまっていました。

甚大な出来事、予感、思い、それらは無関係でないような気もします。


414937532_6708197209290021_4391933745613804636_n.jpg



歳を重ねて目見見える物より、感覚と心の領域が進んでいる気がします。

それは仕事に対しても同じです。



越えられない壁

良い音とは何か、本当の音とは何か?

それもまた考えていますが、感覚は限界を感じています。

日本人ですので、和や味覚で考えると分かりやすいので、例えてみます。


チョコレートに抹茶などが入っていると和を感じる、

しかし、お茶に砂糖を入れて飲んでも和を感じない。

一部の外人さんはお茶に砂糖を入れて飲みます。コーヒーや紅茶のように。

外人さんにその違いをどう説明するのか、理解できるのか?

同じく、ピアノの音でやって良いこと悪いこと、外れていること、

これは西洋の文化圏で生まれた人しかきっと神髄は理解できません。

どこまで近づけるのか、日本に染まったままで良いのか。


真髄は理解できなくても、さらなる奥行きがあります。

高くなくても思い出に残るおいしいレストランは心を感じます。

滅多にありませんが、一度食べたら忘れられなくなります。

余り外食しませんが、今まで数件あったでしょうか。

ピアノ調律、調整もそれはありえると思っています。


普及を最優先したピアノの文化は熟成を迎えています。

ここ数年、肌で少しずつお客様の感覚が変わってきているのを感じます。

良いと言われる物に従う、から自発的な良い物の本質を感じるに。

色々考えを巡らせても、最後は人と人との感覚の重なりと思います。

思い出に残るレストランの味のように。

突飛なことは無くても、緩やかな大きな流れの変化を感じています。


僕も、お客様も、世間の風潮も、お茶に砂糖を入れるような事にはならなく、

10年体でかかるでしょうが、大きな流れで正しい方向に向かっているような気がします。


417591858_6729198077189934_5970242449257598310_n.jpg







今年もお世話になりました

今年もお世話になりました。

時間が経つのは早い物で、もう年末です。

ご依頼くださったお客様、お世話になった方々、心より感謝いたしております。

仕事の面では、今までの熟成が進んだというか、まとめる総合力が上がってきていると思います。

難しいピアノと認識しているヤマハUXシリーズでなっとくの行く結果が出たのが印象深いです。

お客様が、ラフマニノフの鐘を弾いた時にこれだと思いました。

グランド並みのダイナミックさを求めた結果ピアノが叫んでしまい、何とか音色を抑え込んでいましたが、

逆に自然に開放することで、心置きなく楽しめるピアノに変わりましたが、

バンバンに弾かれる、グランドピアノが買いたくても事情で買えない方向きのピアノです。

苦しく叫ぶ理由を何度も探して、何年もかけて通わせていただきやっと出た結果です。

神経質な方、音の反射が鋭いお部屋の設置は向かないピアノです。


399797601_6512821408827603_800489685273184024_n.jpg



ピアノを自分で制御してコントロールするという考え方から、

ピアノが音を出したがっている、もしくは不具合を感じているところを直してあげる、

出てくる音色はピアノの個性に任せる、そのように考え方が変わってきました。

直感が大事となり、集中力が上がりましたが、その分集中力が切れた時に物忘れが激しくなりました。


361625465_6127956627314085_3498519062151678524_n.jpg



趣味は充実しました。

新しく迎え入れたクロモリの自転車は一生の相棒となることでしょう。

また、やっと時計が安定して動かせるようになりました。

まだ不動の時計を6割ほど生き返らせる程度ですが、直した時計は動き続けます。


大きな変化はありませんでしたが、良い年になりました。

皆様も良いお年を迎えれますように。

来年もよろしくお願い致します。






ホームページを更新いたしました。


368507629_6221476637962083_2295484098180235084_n.jpg


ご無沙汰しております、

今日はホームページの話をさせていただきます。

独立して十数年、独立当時に作ったホームページを更新いたしました。

現在はスマホでの閲覧が多く、スマホ用に改装しようとも思いましたが、

歴史あるホームページもいいかなと当時のものを引き継ぎました。

音楽教室のページを削除させていただきました。

長年ご利用掲載していただきました先生方々、まことにお世話になりました。

検索サイトが現在は多く、役目は終わったと認識しています。

また、リンクをお願い致しましたホームページの管理者様、

リンクのお願いを引き受けて下さり、誠に感謝しています。

そして、インタビュー記事を載せさせていただいた皆様、長い間ありがとうございました。

時代が変わっていくので、当時と今では記事を掲載された内容と変わってきている部分もあると思います。

10年以上掲載すれば、こちらも役目は果たしたと思っています。

現在はシンプルに、目的に到達するのが最優先というネット環境と感じ、

よりシンプルに、簡潔にいたしました。

立ち上げた当時は遊び心満載で、楽しんでいた記憶があり懐かしく思います。

その部分はブログにて役目をたしていこうと思っています。

ある調律師の趣味のブログを開設いたしました。

開設当時も現在も大切なことは、どのような人間が運営しているのか知ってただきたいことです。

無味乾燥なものは昔も今も必要とはされません。

なんだかんだと、古いデザインのホームページが気に入っています。

これからもオールドホームページで頑張っていこうと思います。


ある調律師の趣味のブログも始めました。

ご無沙汰しております。

ある調律師の趣味のブログも始めました。

趣味といいましても、調律の仕事とつながりがあると思っており、

真剣に行っています。

お暇つぶしにお越しください、横のリンクより訪問できます。

もしくはこちらよりよろしくお願い致します。

http://outletpiano.blog.fc2.com/blog-category-8.html



よろしくお願い致します

あけましておめでとうございます。


皆様あけましておめでとうございます。
昨年は大変お世話になりました、本年もどうぞよろしくお願い致します。



他人様に誇れる肩書も、技術もございませんが、

ご依頼頂いたお客様のピアノが少しでも綺麗な音を奏でてくれれば、

それが一番の幸せです。


320612453_1221591528716221_3947543131802697733_n.jpg



2番目の幸せは、時計の修理が出来たこと、一生の趣味として楽しんでおります。

3番目の幸せは自転車に乗ること、今年は冬も乗って怠けないようにしたいと思います。


ピアノの話に戻りますが、

仕事を独立してからそれなりに技術も進化しています、最近はお客様の反応が楽しいです。

そして、50歳を越えて痛感すること、今になって思う事があります。


最近テレビで、日本に文化や技術を学びに来る外国人の方の番組をよく見ます。

あいさつ、しきたり、作法、そして技術。

半分技術で、半分は精神なのかなぁという気がします。

日本の心を分かってほしい、繊細な心配りそれを世界に広めてほしいと。


それを自分に当てはめてみます。

20~30代に海外で調律師をさせていただきました。

現地の伝統文化を守るとか、尊重するとか、

現地の文化を理解して寄り添う気持ちが自分にあったのだろうかと。

もしその気持ちがあれば、全く違う結果となっただろうと今頃になって思っています。

当時の自分の気持ち的には、度胸試し、挑戦、そんな気持ちが蘇ります。

当時は全く現地の文化を尊重する、寄り添う、理解しようとする心がけは持てませんでした。

自分を認めてほしいと思うなら、相手も認めて尊重するべきです。

当たり前のことが分かっていませんでした。


320515036_1466770703817969_6570016526371961788_n.jpg


日本でピアノが作られて100年は経っています、もう日本の文化だと言ってもいいかもしれません。

それでも外国の音楽を、クラッシックは行っている。

そして音色やピアノの性能もそれを追い求めている。


日本に来る外国人には日本の心を理解しろと私たちは求めるのに、

ともすれば日本人の感覚を優先して、現地の伝統文化に本当に寄りそう気持ちが持てない。

多分、それぞれ西洋圏の方は、音楽の枠を超えて文化を理解してほしい、

遠く離れた東の国でもその心を組んでほしいと思っていると思います。

私たちは現地の文化を本当に理解はできない、

それは日本の文化心の神髄は外国の方には理解しづらいだろう思う事と同じです。

しかし寄り添う気持ちが大切だと思います。

日本の音楽、文化を行うならそのままが一番自然です。

しかし、100年勉強しようが本家がヨーロッパにある以上本物はそこにあるのです。

それは日本に移ることも無く、そこを忘れてはなりません。


306651781_5205356156240808_6998686721851405946_n.jpg



本家の気持ちの寄り添って、尊重して、

東洋人の感覚で文化をより発展をするなら、それはあり得るだろうと、

それが、これからの世代の方がすることなのだろうとも思います。

テレビで見る、仏道にすべてを捨てて入信する外国人のように。

一度同じ立場に立てて、それから外国人の感性が活かされるだろうと。


私はそんな器もなく、先頭を走る偉大な調律師でもありません。

私なりに与えられた、世間の用途に従ってコツコツ努力をしてまいります。

リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
調律師のブログです
ご訪問ありがとうございます。お時間のある方お付き合いください。

ノブ

Author:ノブ
こんにちは、ピアノの調律師の谷口です。ピアノの関する情報と、イタリア音楽など関するホームページを作っています。ぜひ立ち寄ってください。

10.10.2011~