fc2ブログ

新しい年を迎えまして

先ず、能登半島地震で被災された皆様に、お見舞い申し上げます。

一日も早い復興をお祈りいたします。

お正月にお友達とサイクリングをした帰りに、コンビニでぐらっときました。

サイクリングで寄った神社でお参り、帰りに木の実が肩にこつんと落ちてきて、

気を引き締めよと言われた気がしました、その90分後に揺れました。

愛知県は何とも無いのですが、能登半島があんなことになってしまっていました。

甚大な出来事、予感、思い、それらは無関係でないような気もします。


414937532_6708197209290021_4391933745613804636_n.jpg



歳を重ねて目見見える物より、感覚と心の領域が進んでいる気がします。

それは仕事に対しても同じです。



越えられない壁

良い音とは何か、本当の音とは何か?

それもまた考えていますが、感覚は限界を感じています。

日本人ですので、和や味覚で考えると分かりやすいので、例えてみます。


チョコレートに抹茶などが入っていると和を感じる、

しかし、お茶に砂糖を入れて飲んでも和を感じない。

一部の外人さんはお茶に砂糖を入れて飲みます。コーヒーや紅茶のように。

外人さんにその違いをどう説明するのか、理解できるのか?

同じく、ピアノの音でやって良いこと悪いこと、外れていること、

これは西洋の文化圏で生まれた人しかきっと神髄は理解できません。

どこまで近づけるのか、日本に染まったままで良いのか。


真髄は理解できなくても、さらなる奥行きがあります。

高くなくても思い出に残るおいしいレストランは心を感じます。

滅多にありませんが、一度食べたら忘れられなくなります。

余り外食しませんが、今まで数件あったでしょうか。

ピアノ調律、調整もそれはありえると思っています。


普及を最優先したピアノの文化は熟成を迎えています。

ここ数年、肌で少しずつお客様の感覚が変わってきているのを感じます。

良いと言われる物に従う、から自発的な良い物の本質を感じるに。

色々考えを巡らせても、最後は人と人との感覚の重なりと思います。

思い出に残るレストランの味のように。

突飛なことは無くても、緩やかな大きな流れの変化を感じています。


僕も、お客様も、世間の風潮も、お茶に砂糖を入れるような事にはならなく、

10年体でかかるでしょうが、大きな流れで正しい方向に向かっているような気がします。


417591858_6729198077189934_5970242449257598310_n.jpg







コメントの投稿

非公開コメント

リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
調律師のブログです
ご訪問ありがとうございます。お時間のある方お付き合いください。

ノブ

Author:ノブ
こんにちは、ピアノの調律師の谷口です。ピアノの関する情報と、イタリア音楽など関するホームページを作っています。ぜひ立ち寄ってください。

10.10.2011~